レシピ (Recipe)

日食オートミールのお召し上がり方

オートミール専用サイトにも用途別のレシピーがたくさん掲載されています。

日食オートミールは、最高品質のえん麦(オーツ麦)が原料。自然から与えられた多くの栄養素を少しも損なうことなく、蒸気で加熱、アルファー化してお届けしています。自然の豊かな風味、舌ざわり、ねばりなど、オートミール独特の味わいをおたのしみください。

オートミール (1人分)

180ccの水を沸騰させ、食塩を少量加えます。それに25〜30g(大さじ3杯強)の日食オートミールを加え、弱火で3〜5分ゆっくりとかきまぜながら煮て、できあがり。お皿にとって牛乳をかけ、砂糖やハチミツなどを加えてお召し上がりください。
お好みによって、レーズン、ナッツ、ジャム、バター、卵、シナモンなどを加えますとより一層おいしくお召し上がりいただけます。

オートミールのおじや (1人分)

カップ2.5杯のだし汁、またはスープを煮立て、カップ半分のオートミールを加えて、塩、しょうゆなどでお好みの味に仕上げてください。約10分煮た後、火からおろしぎわに、とき卵を1個いれて、できあがり。お好みで、バターやのりをちらしてもおいしくお召し上がりいただけます。

オートミール洋風お粥

(材料1人分)日食オートミール大さじ4、水1カップ、ベーコン1枚、パセリ少々、塩、こしょう
1 塩、こしょうを加えた水を煮立て、オートミールを加えてひとまぜし、弱火で2〜3分煮る。
2 ふたをして2〜3分蒸らす。
3 ベーコンをカリカリに炒めて、皿に盛ったオートミールにパセリと共にちらす。
※ 水の代わりにブイヨンやミルクで煮たり、ベーコンの代わりに、ハムやひき肉などを使ったり、いろいろなアイデアでお試しください。

オートミール和風お粥

(材料1人分)日食オートミール大さじ4、だし汁1カップ、塩、梅干、青ねぎ、各少々
1 だし汁を煮立て塩味をととのえてから、オートミールを加えひとまぜし、弱火で2〜3分煮る。
2 器にもり、梅干と刻んだ青ねぎをちらす。

オートミールごはん

1 炊き上がったごはんの上に日食オートミールを広げるようにおき、ふたをして蒸らす。(米7に対しオートミール3がおおよその目安)
2 温かいうちにかき混ぜていただく。
※ 白米の欠点であるビタミンB1、B2の不足を補うばかりでなく、ふっくらと粘り気のあるごはんになります。

オートミールハンバーグ

(材料4人分) 日食オートミール30g、合いびき肉300g、牛乳大さじ3、玉ねぎ小1個、 卵1個、塩小さじ1弱、こしょう、バター、サラダ油
1 玉ねぎをみじん切りにして、バターで炒めさましておく。
2 合いびき肉、オートミール、牛乳、さました玉ねぎ、卵、塩こしょうをよく混ぜ合わせ、4つのハンバーグにまとめる。
3 バターとサラダ油を半々に熱したフライパンで、両面色よく焼き上げる。
※ トマトピューレと赤ワイン各大さじ4を混ぜた赤ワインソース、しょうゆとみりんのてりやきソースなどをかけてお召し上がりください。

オートミールパンケーキ

(材料8枚分) 日食オートミール100g、小麦粉50g、ベーキングパウダー小さじ1/2、砂糖大さじ3、塩ひとつまみ、牛乳200cc、とかしバター大さじ2、バター少々
1 ボールに日食オートミール、小麦粉とベーキングパウダーをふるい入れ、砂糖、塩、オートミールを加え、牛乳と、とかしバターを入れさっと混ぜあわせる。
2 フライパンにバターをとかし、1のたねを広げるようにのせ、両面色よく焼く。
※ ジャムやハチミツなどをそえてお召し上がりください。

楽しく、おいしく食べる、日食オートミール。

オートミールは焼いたり、揚げたりすると香ばしく、お料理の味を引き立てます。また、オートミールを使うことにより、お料理の栄養のバランスが一段とよくなります。お料理に、お菓子にお試しください。