オートミールについて

オートミールとは

オーツ麦を食べやすく加工したシリアル食品です。オートミールの原材料はオーツ麦(右写真)で、殻の形が燕の姿に似ている事から燕麦、又は地域によってはカラス麦などとも呼ばれています。イネ科の植物で、冷涼な土地に生息し、原産地は中央アジアといわれています。オーツ麦はそのままでは食べられないため、調理しやすいように加工されます。
オーツ麦の穀皮を取り除いたものをホールオーツ、そのホールオーツを引き割ったものをカットオーツといいます。カットオーツを蒸してからローラーで平たく延ばしたのがロールドオーツで、これは短時間で調理ができ、オートミールとして食されています。オートミールは外皮を残したまま全粒で加工されるため、食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富です。


オートミールの栄養

オートミールは栄養バランスのすぐれた食品です。 植物性たんぱく質は精米の約2倍で、日本人に不足しがちなカルシウムが鉄分といったミネラルも多く含まれています。また、ビタミンB1や、抗酸化作用のあるビタミンEなどのビタミンも豊富です。
なかでも注目したいのが、食物繊維を多く含んでいるという点で、精白米の約20倍、玄米の約3.5倍もの量です。オートミールの特徴は、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含み、より効果的に体に作用することです。水溶性食物繊維は血液中のコレステロールを排出させる働きなどがあり、不溶性食物繊維は整腸作用にすぐれています。

 

オートミールの歴史

オーツ麦の原産地は中央アジアといわれています。もともとは雑草だったものが、紀元前1000年ごろから中央ヨーロッパで栽培されはじめたようです。古代ギリシャやローマでは家畜の飼料にされていましたが、イギリスにもたらされ、オーツ麦で作るオートミールが重要な食品となっていきました。スコットランドやアイルランドでは、ポリッジ(オートミール)が朝食に欠かせないメニューです。オートミールは、17世紀にアメリカに渡り、アメリカ人にとってもおなじみの朝食になりました。

日本にオートミールが伝わったのは、明治時代で、当時は北海道で土壌改良作物や馬料として大量に生産されていました。原材料が豊富に北海道にあったため、日本で初めてオートミールを製造・販売を弊社が致しました。

オートミール専用サイト
オートミールのある生活